金子 敏男

金子 敏男
金子 敏男
KANEKO,toshio

1944年 兵庫県生まれ。
幼少期から高校までクラッシック系の音楽にて様々な楽器を学び、高校時代にジャズドラムに興味を持ち最初は独学で勉強を始める。
1962年よりプロの世界に入りジャズクラブやスタジオ等で多くのステージをこなし、その後ジミー竹内、ジョージ大塚両氏に師事。
国内外のトップミュージシャンとの共演も多く、1966年にジョン・コルトレーン・カルテットのメンバーとして来日中だったベースのジミー・ギャリソン氏とのセッションを皮切りに、カウント・べーシーOrc,のメンバーやデューク・エリントンOrc,メナード・ファーガソンOrcのメンバーや渡辺貞夫氏、渡辺香津美氏、大野雄二氏他、多くのミュージシャンと共演を行い今日に至る。
1982年から度々渡米し多くのセッションを行う。
‘83年自身のトリオとスティールドラム奏者オテロ・モリノー氏とコンサートツアーを行い、’83年レイ・ブライアント氏(P)とトリオでのコンサートを実施。
シンフォニーOrc,との共演も多く、関西フィル、東京シティーフィル、京響、広響等。
‘69年より、ヤマハや大阪芸大、相愛大学、近大吹奏楽部、作陽大等にてドラムやリズム指導法を行い数多くの指導者やプロ・ドラマーを世に送り出している。
‘99年教則ビデオ“驚異のリズムトレーニング”を出版。2002年プロ生活40周年記念ライヴを大阪“ブルーノート”で行い、’02年ヤマハホールにて50周年記念ライヴを実施。現在もジャズドラムの研究とジャズライヴや後進の指導を継続中。

■サテンドール / Akio Sasaki / Masa Matsuda / Toshio Kaneko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA