森 健太郎

森 健太郎
森 健太郎
MORI,kentaro

フランス・リール音楽院にてクラリネットを国立リール管弦楽団首席のクロード・フォーコンプレ氏に、室内楽をクリストフ・シモネ氏に学ぶ。パリ・レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位。パリ日本文化協会主催「日本の音楽の若き才能コンサート」に出演。
フランス時代、夜な夜な部屋にまで聞こえてくる街角のアコーディオンに魅了され、近年ではアコーディオン奏者としても活動し、多くの音楽ユニットに所属している。
詩人谷川俊太郎氏を父に持つ谷川賢作氏と続木力氏のユニット「パリャーソ」、高槻出身の世界的ヴァイオリン奏者田中晶子氏とも共演している。また高槻市新鋭の音楽サロン「摂津響ザール」併設カフェでは毎週アコーディオンの流れるくつろぎのカフェタイムを演出しており、音楽に気軽にふれあえる場を提供している。
作編曲も手がけ2015年、女優・紺野美沙子氏の朗読の付随音楽として作曲された組曲「おいの池物語」は好評を博し、自らクラリネット奏者として参加するなど、幅広く活動している。

http://morikentaro.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA